バイオリン製作かわむら工房

バイオリン製作家 河村盛介・http://kawamuraviolins.com

9月29日(木)

今日の生徒さんOGさんは表板の作業でした。
前回からの続きで板の縁を平らに削り、パーフリングの溝を掘り始めました。


MTさんはネックの作業でした。
指板の脇にはみ出た余分な木を削り落とし、握りの部分をヤスリで整形しています。


SNさんはニス塗りの作業でした。
色ニスの1回目を塗りました。
残りの時間で、指板裏の溝を仕上げました。


TIさんも表板の作業でした。
前回からの続きで、f字孔の形をナイフとヤスリで整えました。

9月25日(日)

今日の生徒さんAIさんはニス塗りの作業でした。
今回は色ニスの2回目。
色の濃さもちょうど良く、きれいに塗れました。


KBさんは昨日から連続で裏板の作業でした。
今日はアーチの荒削り。
ノミで沢山削りました。

 

IMさんも裏板の作業でした。
こちらは、板の厚み出し。
豆カンナとスクレーパーで厚みを整えています。

9月24日(土)

今日の生徒さんSYさんは裏板の作業でした。
横板を使って裏板のアウトラインをデザインし、切り出しました。


KBさんも裏板の作業でした。
こちらも同じく、カンナで裏板の平面を出し、アウトラインをデザインして切り出しました。

 

NSさんはライニングの作業でした。
ベンディングアイロンでライニングを曲げ、横板の内側に合うように曲がり具合や長さを調節しています。


HK1さんは表板の作業でした。
前回からの続きでf字孔のウイングの溝をきれいに仕上げ、裏掘りを始めました。

9月22日(木)

今日の生徒さんTIさんは表板の作業でした。
板をある程度薄く削ったところで、f字孔を開け、形を整えています。


TYさんはネック入れの作業でした。
何度かボディーの溝を埋めているので、今回は慎重に削り、無事に膠で接着できました。

 

OGさんも表板の作業でした。
こちらは、アーチをノミで荒削りして、縁の部分をヤスリで平らに削っています。

9月18日(日)

今日の生徒さんAIさんはニス塗りの作業でした。
今回はニスの色むらを取るためのリタッチ。
細い筆で色の濃さを整えています。

 

KBさんは裏板とネックの作業でした。
まず裏板の接ぎ。
ピッタリと接着面が合ったところで、無事に膠で接着できました。
続けて、ネック材の平面と直角を出しています。

 

9月17日(土)

今日の生徒さんTZさんは表板の作業でした。
板の縁の部分をヤスリで平らに削っています。

 

SYさんは横板と裏板の作業でした。
横板から飛び出たライニングを削って高さを整え、裏板の平面出しをしています。


SNさんはニス塗りの作業でした。
今回は透明ニスの2回目。
表面を耐水ヤスリで磨き、きれいにニスを塗りました。