バイオリン製作かわむら工房

バイオリン製作家 河村盛介・http://kawamuraviolins.com

8月1日(日)

今日の生徒さんAMさんはチェロ表板の作業でした。
前回接着が上手くいかなかった、接ぎの再挑戦です。
接着面の状態を確認しながら、慎重にカンナをかけています。

f:id:kawamuraviolins:20210801182829j:plain

f:id:kawamuraviolins:20210801182902j:plain

TZさんは、先ず、長かった横板のコーナーを切り揃えて、きれいに仕上げました。
続けて、サンディングボードを使って、横板とブロック、ライニングの高さを整えました。

f:id:kawamuraviolins:20210801182947j:plain

f:id:kawamuraviolins:20210801183023j:plain

7月31日(土)

今日の生徒さんAHさんは、前回からの続きでネック入れの作業でした。
ネックの長さや角度を確認しながら、ノミでボディーの溝を掘っています。

f:id:kawamuraviolins:20210731174913j:plain

f:id:kawamuraviolins:20210731174944j:plain

HKさんは表板の作業でした。
こちらも前回からの続きで、接ぎ。
接着面にカンナをかけて、面を合わせています。

f:id:kawamuraviolins:20210731175019j:plain

f:id:kawamuraviolins:20210731175040j:plain

MTさんも表板の作業でした。
こちらは裏側の粗削りから。
板がある程度薄くなったところで、f字孔を開けました。

f:id:kawamuraviolins:20210731175104j:plain

f:id:kawamuraviolins:20210731175128j:plain

7月24日(土)

今日の生徒さんHK1さんは横板とブロックの作業でした。
先ずは前回からの続きで、横板の厚み出し。
カンナとスクレーパーで3枚の横板を、所定の厚さに削り、幅を整えました。
続いて、ブロック削り。
Cバウツのブロックを、テンプレートのラインに合わせて、きれいに削りました。
次回からは、横板曲げです。

f:id:kawamuraviolins:20210724174343j:plain

f:id:kawamuraviolins:20210724174415j:plain

f:id:kawamuraviolins:20210724174438j:plain

7月17日(土)

今日の生徒さんIKさんはニス塗りの作業でした。
今回はリタッチ。
細い筆を使って、色の薄いところ、色が塗れていないところに色を足し、ニスのむらを修正しました。

f:id:kawamuraviolins:20210717165939j:plain

HKさんは表板の接ぎでした。
前回からの続きで、接着面を合わせています。
カンナで接着面の微妙な歪みを調整しています。

f:id:kawamuraviolins:20210717170008j:plain

TZさんはライニングの作業でした。
前回片側のライニングを接着したので、今回は反対側です。
ブロックにライニングを引っかける溝を切り、ライニングを曲げて膠で接着しました。

f:id:kawamuraviolins:20210717170037j:plain

f:id:kawamuraviolins:20210717170112j:plain

7月15日(木)

今日の生徒さんOGさんは裏板の作業でした。
まだパーフリングを入れる前なので、縁を薄くしながら、アーチをノミで荒削りしています。

f:id:kawamuraviolins:20210715181805j:plain

TIさんも裏板の作業でした。
こちらは既にパーフリングが入っているので、アーチの仕上げに入っています。
テンプレートに合わせて、ノミと豆カンナで形を整えています。

f:id:kawamuraviolins:20210715181835j:plain