バイオリン製作かわむら工房

バイオリン製作家 河村盛介・http://kawamuraviolins.com

5月26日(木)

今日の生徒さんTIさんは表板の作業でした。
前回からの続きで、アーチ削り。
テンプレートに合わせて、豆カンナでアーチを削っています。

OGさんも表板の作業でした。
こちらは、接ぎ合わせた表板の平面だし。
カンナで平らに削り、横板を使ってアウトラインをデザインしました。

SNさんはネックの作業でした。
握りの部分をヤスリで細く削っています。

5月22日(日)

今日の生徒さんAHさんはサドルとペグの作業でした。
まず、前回からの続きでサドルを作り、ボディーに接着しました。
続けて、ペグの軸を細く削っています。

MTさんはネックの作業でした。
渦巻きの面取りをして、ノミでさらに彫り込みました。

YDさんもネックの作業でした。
こちらはアウトラインの整形。
ヤスリでアウトラインを整え、ペグボックスと渦巻きをデザインしています。

5月21日(土)

今日の生徒さんAIさんはニス塗りの準備作業でした。
前回からの続きで、白木のクリーニング。
黙々とエッジの部分を中心に作業されました。

SYさんは横板の作業でした。
前回からの続きで板の厚みを出し、卦引きを使って幅を整えました。

SNさんはネックの作業でした。
前回削った指板のアーチをきれいに仕上げ、ネックの握り部分を削り始めました。

5月19日(木)

今日の生徒さんTYさんはバスバーの作業でした。
フィッティングの続き。
慎重にバスバーを削り、無事に表板に接着できました。

OGさんは表板の作業でした。
前回からの続きで、接ぎをされました。
今回は無事に接着。
残りの時間で、ネックの直角を出し、アウトラインをデザインしています。

5月15日(日)

今日の生徒さんSIさんは昨日から連続。
白木のクリーニングが終わり、木地の色付けをしました。
全体にステインで色を付け、続けて目止め用のニスを塗りました。

TYさんはバスバーの作業でした。
前回からの続きで、フィッティング。
ほぼピッタリと合うところまできましたが、どうしてもダメなところが一ヶ所あって接着できませんでした。
次回、気を取り直して頑張りましょう。

5月14日(土)

今日の生徒さんSIさんは白木のクリーニング作業でした。
今回もネックの部分を中心に作業されました。
これでクリーニング作業もほぼ終わりです。

AMさんはチェロの作業でした。
ブロックと横板を接着するときのカウンターブロックを作りました。
これで、次回から横板をつけられます。

SNさんは指板の作業でした。
指板をネックに仮接着し、指板のアーチをカンナで削りました。